県内第4位の難関大合格実績!それが黒沢尻北高校【岩手県北上市の高校 進学実績】

  • 2022年7月27日
  • 2022年10月11日
  • 未分類
  • 33view

こんにちは!”毎日通える予備校”CUOREA予備校です。

毎日暑い日が続いていますね。早めに活動を開始して暑くなる前から勉強を始めるのがよいですね!

今回はCUOREA予備校の最寄り「黒沢尻北高校」を紹介します。

 

【黒沢尻北高校へのアクセス】

所在地 〒024-0012
岩手県北上市常盤台一丁目1番69号
最寄駅 北上駅(JR東北本線、東北新幹線)下車徒歩25分
柳原駅(JR北上線)下車徒歩15分

国道四号線から入ってすぐですし、街中へのアクセスもよいので、活気があり非常にバランスがとれた立地です。

【黒沢尻北高校の偏差値】

普通科 54

近年は倍率低下が著しく、入りやすさでは県内の進学校で随一かもしれません。

(これは以下の項目の前フリです。)

 

【黒沢尻北高校の2021年度入試の進学実績】

以下の表のとおり2021年度入試の進学実績では、盛岡第一・盛岡第三・一関第一に次ぐ なんと県内第4位 の実績です。

県内事情をご存じの方ならお分かりになると思うのですが、盛岡第一は県内各中学校のトップが集う場所、そして盛岡第三はそれに次ぐ絶対的安定感を誇る高校。一関第一は中高一貫で中学時代に鍛えられた生徒が持ち上がってくる高校なんですね。

先程の前フリからですね。北上市は市外への人材流失が著しく倍率自体まで下がっている状況。それなのにこの実績!

2022年度ではおしくも花巻北高校に4位の座をひっくり返されましたが、花巻から北上への流入はほぼなく、北上から花巻への生徒の流出が多い中でのこの接戦というのは、どれだけ北上市のポテンシャルが高いのだという話なのですね。何よりもご指導なされている先生方の引き上げっぷりがすごいのです。

 

このように、難関大学への合格者を多数輩出しています。
生徒の自主性が重んじられつつも、生徒の可能性を最大限に引き出す指導がなされている。

そんな高校が黒沢尻北高校だということが分かりますね。

【黒沢尻北高校の特徴】

授業第一主義掲げられているとおり「わかる授業・伸びる授業」のための教材研究がなされています。

基礎基本の定着を図られ、計画的な授業と連動した適切な課題を課し、主体的な学習姿勢を促すのだそうです。

最近の高校で使用されているテキストを拝見しても、盛岡第一と同じものを使っていたり、テキストの導入時期が早くなっていたりと状況に合わせた指導がなされているのがよく分かります。

—————————————————————

黒沢尻北高校は安定して高いレベルの指導がなされている学校ですが、部活に一生懸命打ち込んだり授業の復習が十分にできていなかったりした場合、どうしても大学入試で苦戦してしまいます。勉強法や成績に関して悩み事があれば、是非当予備校も活用し、黒沢尻北高校での学びを最大限に高めていただきたいと思います。