各教室 先着順にて入塾生を募集しています!

本開校いたいしました!中3生は最終募集です。中1,2生/高1,2生/小6生の皆さんのご応募をお待ちしています!

間もなく秋になりますね。

受験生はラストスパートの時期になります。今までの復習で培った力を模試などで確認し、補強していく微調整の期間になります。

 

つまり、実力を本番で発揮できるように、これから仕上げていくんですね。

同じ合格でも10回やって6回勝てるくらいの実力と、10回やって10勝てる実力というのは、天と地の差ぐらいの差があるんですよね。

つまり、負けない戦ができるように対策を積み重ねること、そしてその経験を得ること自体が受験勉強をする意味なのかなと思います。

 

そして大学受験生にとっては、9月は新年度スタートの月です。つまり、ここから受験勉強をスタートするのが普通なんですね。

努力を積み重ねている人には勝てない。その努力の度合いがどの程度なのかをお伝えできるのが塾の役割なのかなと思います。

なぜなら、「自分の中で一番頑張っている」とか「この夏はとても努力した」とか、もし、それが残念ながら井の中の蛙の状態であるならば、その後の成果においてずっと悩み続けなければならないでしょう。もし、相対的に不足しているなら、自分で気付くか、誰かに教えてもらうかになります。しかし、前者後者ともにその機会はほとんどないものと推察されます。

 

単純に差をつけられたくないなら、努力している人たちの平均に合わせるなら、9月スタートが普通です。

本格的な中学受験なら小学4年生から、地頭のよさを鍛える中学受験なら小学6年生から勉強を始めている人達と比較したとして、そこから毎日コツコツ経験を積み重ねてきた力に対抗するのなんて、不可能のようにも業界人的には感じていました。しかし、地方の生徒というのは伸びるんですね。だからこそ、スタート地点自体が逆転を狙う状況なら、尚更9月スタートでギリギリなのかなとも感じています。

 

ちょっと長くなりましたが、これらが9月スタートをオススメする理由ですね。

ということで、来年に向けて頑張り始めたい中1,2生 高1,2生 小6生ご応募くださいませ!一緒にがんばっていきましょう!